院長ブログ

2009年7月

トレーニングでの疲労!?

   カイロ三宮 (2009年7月 4日 17:40)

先日、長距離ランナーの身体の調整を15名続けて行なう機会がありました。
今回の施術対象者は全員どこかに怪我をしていて調整中ではありますが、毎日かなりの量のトレーニングをしています。
ただ、多くのアスリートに共通していることは怪我の箇所の周辺に必ず強い筋肉疲労が残っていることです。
オーバーユースもあるでしょう。身体の歪みを放置しての激しいトレーニングもあるでしょう。
その状態で身体のどこかに余分な負荷がかかると筋肉疲労が取れていない箇所は筋の自由な伸縮を行なうことが出来ず、その周辺にトラブルが発生しやすくなります。
前回の投稿でも書きましたが、夏場は暑い事もあり、またお風呂にするとその後の掃除が必要になりシャワー派の方が多いようですが、1日の心身の疲れをとるために手間ではありますが必ずお風呂に入り、血行を促進させ筋肉を柔らかく保つことが怪我を未然に防ぐ上でとても重要になります。
練習後直ぐはクールダウンの為の冷水シャワーは効果的です。そして1日の最後はゆっくり入浴をして筋肉を緩め、その後のストレッチやマッサージは疲労を残さないために、どんな競技のアスリートにも不可欠な日課ではないでしょうか。
それとトレーニング前後のアミノ酸摂取です。
筋肉に欠かせない分岐アミノ酸でバリン・ロイシン・イソロイシンの入ったサプリメントやドリンクを使用することは、筋挫傷など筋肉系のトラブルをかなりの確率で低下させます。また疲労が残りにくくなり連日のトレーニングにおいても、練習量を増やすことができます。
事実、ある大学の陸上競技部の長距離ランナー全員にこのアミノ酸を摂取させてトレーニングさせてところ、月間走行距離が一人あたり200キロも余分に増やせたとあります。
もちろん怪我することなく。
歪んだ身体や蓄積された疲労での日々のトレーニングをする事は、車でいえばアクセルを踏みながら、ブレーキをも踏んでる状態でのドライブをしているようなもので、燃費が悪く(疲労が溜まる)、壊れやすい(怪我をする)。
アスリートの皆様、夏場のトレーニングでは熱中症対策も重要ですが、疲れを残さないための様々な工夫を積極的に取り入れてベストコンディションで頑張ってください。
身体に歪みを感じたら、早めのカイロプラクティック施術を・・・。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

あなたはシャワー派、お風呂派?

   カイロ三宮 (2009年7月 1日 17:42)

蒸し暑い毎日で寝苦しい夜が多いですが、そんな時すっきりさせてくれるのが入浴タイムです。
皆さんはこの季節、シャワーですか、それとも湯舟に浸かるお風呂ですか?
最近、当治療院に腰がだるい、明け方に足のふくらはぎがつる、肩が凝りやすい、脚が浮腫むなどの症状での来院が増えています。
毎年6?7月辺りから増加しますが、最初の話の入浴状況が関っているケースが多いようです。
そしてそれらの症状は筋肉の冷えにより筋線維が硬くなり、血流や神経伝達の障害を引き起こすことから発症しているようです。
筋肉は浅層、中層、深層とありますが、浅い部分の筋は腕や足を動かす時によく使い、筋線維の伸縮が盛んで代謝も良いようですが、1日中パソコンなどを操作して運動不足な方の深層筋は、ほとんど動く事もなくその上冷房などで身体が冷やされ代謝もかなり悪い状態で、筋肉に老廃物が溜まりやすくなり、リンパの流れも滞っています。
そんな身体の代謝を向上させるのが、日本の持ち味でもある入浴ですが、最近は欧米化か手軽で簡単なシャワーで済ませる方が多いようです。しかし短時間のシャワーでは、中層や深層筋まで温めることは出来ず、その上運動をしなければ体内からの代謝の向上も無いため、様々な症状が起ります。
夏祭りで氷水に浸したビールやジュース、そしてスイカは短時間で中まで冷やすことが出来ます。それと同様、お湯に浸かれば長時間でなくとも身体の深部まで温められて筋をほぐし、代謝も高まります。
先に述べた症状の思い当たる方、是非お風呂をお勧めします。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

1
     
お問い合わせは TEL:078-200-3033 FAX:078-200-3034

メールでのお問い合わせはこちら

トップこんな症状の方に当院の施術施術の流れよくあるご質問お客様の声料金・クーポン会社概要お問い合わせBLOG

カイロプラクティックスタジオ三宮 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 I-N東洋ビル2F