院長ブログ

院長の独り言

膝の痛みは膝に原因や問題あり?

   カイロ三宮 (2016年6月14日 18:09)

最近、膝の痛みを訴えて来院される方が増えています。

原因は様々ですが、事故や外傷によるものではありません。

膝そのものの問題によって起こる痛みは、半月板損傷などによるもの、靭帯の損傷(内・外の側副靭帯、前・後十字靭帯)、関節包内の滑液や滑膜のトラブルなどがあります。

それとは別に、足首や股関節、骨盤などの問題が原因で起こるもの、また内臓などのトラブルにより起こるケースもあります。

先の膝そのものの原因であれば、病院での整形外科的な対症療法が必要なケースもあります。

当院では後の原因が膝そのものでない事例が多く、身体全体のバランスや動作をチェックしてカイロプラクティックなどの施術により、根治療法を目指します。

よって此のあたりの見極めがとても重要となり、問診には充分な時間を必要とします。

再発を起こさないためにも、患者さんの日常生活のくつろぎ方や「くせ」、仕事中の姿勢など多岐にわたり詳細に再現していただき、原因と問題点を見つけ出して、改善方法を提案します。

来院される方全員に予後の筋トレなどを提案するのは無理があり、現状の生活環境内を見直した上で、できる範囲のことをしていただきます。

それにより再発率はかなり減り患者さんのQOL(クオリティーオブライフ)は向上します。

来院したその日が楽になって帰っていただくことは重要ではありますが、何故そうなって、どうしたら良くなって、どのようにしたら再発しないかが私はもっとも重要と考えます。

膝に不安を抱えている方、普段から違和感がある方、屈伸運動する度にパキパキと音がして気になる方など、病院に行くほどでもないけどどうしたらよいか悩んでいるのでしたら、一度ご相談ください。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

冬の脱水症状

   カイロ三宮 (2016年1月29日 19:22)

所ジョージでおなじみの経口補水液のコマーシャルではありませんが冬は意外に脱水症状が起こっています。
ただ汗をかきにくいので本人が気づかないうちに症状が現れていても、それが脱水のために起こっているとは認識しません。
たとえば軽度では便秘や就寝中の明け方によく起こるこむら返り、重度では水分不足から血液が固まりやすくなり、エコノミー症候群や脳こうそくや心筋梗塞などです。
トイレが近くなるとかで日中の水分を控えていると、下肢の血流が悪化してむくみの原因にもなります。
もちろん血流悪いと筋肉も硬くなりやすく、肩こりや腰痛の原因ともなります。
昨日のテレビ番組で医師の調査でコタツに2時間入ると一晩の就寝中にかく汗と同等の水分が奪われると云っていました。
ただしコーヒーやお酒は利尿作用が強いので飲んだ分以上の水分が尿から出てしまいます。
飲むんだったら、ノンカフェインのお茶や果物から水分補給をしましょう。
一度に多量に水分を取ると腎臓の処理が追いつかずかえってむくみなどを起こします。
こまめな水分補給でこの冬を乗り切りましょう。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

むくみ対策

   カイロ三宮 (2015年9月 4日 11:15)

長時間座り続けたり、立ちっぱなしだったりすると脚、特にふくらはぎがむくみます。
ひざ下などは心臓から最も遠く、血液を戻すのに大変な部分です。
血液を送り届けるのは動脈で、行きは心臓のポンプで押し出されるので足先まで届きますが帰りの静脈にポンプ機能はなく、筋肉の収縮と弛緩により血液が動き、血管壁の弁が心臓方向へと導きます。
当然同じ姿勢を続け筋肉の動きがないと、静脈の血流は悪くなりリンパ腋も同様に滞るようになり、むくみへとなっていきます。
座りっぱなしの方は特に太ももの裏側が体重により座面との間で圧迫を受け、いっそうむくみやすくなります。
そのような状況を緩和する手段として、パンストやハイソックスの着圧タイプを使用することです。
脚の筋肉に圧力をかけることにより、血管が圧迫され細くなります。
ちょうど水道のホースの口を指で押さえて遠くまで飛ばす感じになり、血流が早く流れ脚に血液が停滞するのを防ぎます。
当然リンパ液も動きやすくなりむくみにくくなります。
また座りっぱなしの方だと座面の高さと膝の角度を考慮すると一層の効果が得られます。
座っているときの膝の折れ角が90度以上になると、太ももの裏側にかかる体重比が大きくなり圧迫がきつくなりますので、ひざの角度が90度になるよう座面を下げるか、身長の低い方で座面だけでは対応できなければ、足元に電話帳くらいの厚みのあるものを置いて、足元の位置を上げると膝の角度は90度以内になり、太もも裏の圧は減りむくみ対策の一つになります。
但しヒール靴による底上げは足首が動かせない状態では効果薄でしょう。
あとは自宅に帰ってからの5分程度の青竹踏みが、ふくらはぎの筋肉を動かしむくみ解消に役立ちます。
寝ながらメディキュットなどの就寝時用のストッキングもよろしいかと。
最後におなかを冷やすとむくみやすくなるので、腹巻などで腹部を温めておくのも予防方法の一つになりますので、併せて対策されることをお勧めします。

いろいろやってみたがどれもいまいちだった方は身体の歪みなどが原因でむくんでいることがありますので、当院までご相談ください。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

カイロで部分やせ!? 4/1より「ポイントシェイプ」開始

   カイロ三宮 (2015年3月25日 16:34)

4月1日で当院はまる12年、そして13年目に突入しますが初の新メニュー!
昨年導入しました高周波治療器を利用し、筋肉のトリートメンと併せた「部分痩身」を行います。
二の腕・太もも外側・太もも内側・ふくらはぎ・足首・ウエスト・ヒップなどを部分的に痩身します。
上記以外の部位ご希望の方は予約時ご相談ください。
高周波により希望部位を集中的に負荷のない筋肉運動をさせて、その後その部分をマッスルトリートメントしてシェイプさせます。
1部位の施術所要時間はいずれの箇所も30分ですが、同じ箇所を連続希望であれば当日最大60分で承ります。
メジャーによるビフォー、アフターのサイズ確認もできますが、来院時にノンストレッチでフィットした服を着用してきていただければ施術後のシェイプをより実感いただけるはずです。
4月15日まではお試し期間として1部位につき通常5,000円を3,000円で!
4月16日以降で平日13時30分?16時30分間の予約に限り、1部位連続施術もしくは2部位、またはカイロプラクティック施術とのセットを10,000円が8,000円に割引サービスあり。
3月中はご予約のみとなりますのでご了承ください。
また全身ご希望の方はテレビCMでおなじみのラ〇ザッ〇がよろしいかと。



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

胸郭出口症候群

   カイロ三宮 (2014年12月23日 10:01)

12月21日の日曜日にカイロプラクティックのセミナーに行ってきました。
今回のテーマは「腕神経叢と頸椎椎間関節のアジャスト」のタイトルで一般の方にはいささかわかりにくいですが、早い話が首から肩、そして腕にかけてのトラブルに関しての対処方法の講習会です。
首の側面から肩そして腕にかけての痛みやしびれが起こり、腕が挙げにくくなったなどの症状は鎖骨の下を通っているこの腕神経叢のトラブルが原因で起こるケースが多くみられます。
原因は様々ですが、昨今の場合増加傾向の一つにパソコンやスマホの操作があります。
長時間に渡り同じ姿勢を続けることにより、首や肩そして腕を支える筋肉が常に緊張状態になって筋肉に張りが起こり周辺の血管や神経を絞扼(締め付け)し始めます。
この状態でひどくなれば首の張りや肩こりはもちろん、腕の痛みやしびれ、腕の拳上障害までも引き起こします。
症状が強くなればカイロプラクティックの施術など何らかの対応が必要となりますが、軽度であれば体操やストレッチをすれば症状は緩和できます。
まずはパソコンやスマホを長時間使用する時は30分から1時間に1度くらいで上半身の軽い体操かストレッチをして、首や肩周りの筋肉をリラックスさせてあげることが望ましいです。
職場などでなかなか離席できず体操やストレッチなんて無理な方、肩甲骨だけでも動かして血行を良くして筋肉が固まらないよう工夫しましょう。
上記の症状で整形外科に行くとタイトルにある「胸郭出口症候群」と診断されるケースが多く、軽度なら首の牽引やホットパックなどの保存療法、痛みが強くなれば神経ブロック注射などで対処しています。
カイロプラクティックでは硬くなった筋肉などの軟部組織に柔軟性を回復させて神経や血管などの締め付けを解放し、痛みやしびれを緩和させて腕の可動域も戻します。
早めの対応なら短期間で楽になるでしょう。
身体に違和感感じたらお電話を!



神戸で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティックスタジオ三宮まで

1  2  3  4  5  6
     
お問い合わせは TEL:078-200-3033 FAX:078-200-3034

メールでのお問い合わせはこちら

トップこんな症状の方に当院の施術施術の流れよくあるご質問お客様の声料金・クーポン会社概要お問い合わせBLOG

カイロプラクティックスタジオ三宮 〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 I-N東洋ビル2F