営業時間
月曜~金曜 10:00~21:00(受付最終20:00)
土曜 10:00~18:30(受付最終17:30)
定休日
日曜/木曜・土曜不定休
営業カレンダー ネット予約

院長ブログ

院長ブログ

ケガの予防

2019.12.11

新しい年が始まりはや半月が経ち、寒さも一段と感じるようになりました。
当院も新年早々から腰痛や肩こり、背部痛などで来院される方が増えました。
これは年末年始のまとまったお休みで普段の身体のリズムが変化し、その上過度のお酒や食事で内臓の負担が増え、コタツや柔らかいソファーなどでの長時間のテレビ鑑賞がもたらしたものが多いようです。
私自身、連休を取る機会は年末年始だけなものですから、初出から不調では話になりませんので、この期間中は元日よりスポーツクラブで汗を流したり、近所をジョギングしたりして身体が固まらないよう心がけしました。
身体は過度の仕事や運動で使いすぎると、疲労が溜り故障の原因となりますが、動かなさすぎでも筋肉が硬直し、機械なら油切れの状態でぎっくり腰や首の寝違え、こむら返りなどが起こりやすくなります。また内臓の不調もこれらの症状に拍車をかけます。40歳を過ぎると筋力の衰えを感じ、多くの方が筋トレをされますが、私の経験からもまず柔軟運動(ストレッチ)を入念に毎日されることをお勧めします。
歳をとると筋肉を充分に使わなくなります。平らな床を歩いていて、つまずいた事はありませんか?足首が自由に動かなくなり、つま先が上がっていないから起こる現象です。
例えば膝の周りの筋肉ですが、しゃがむ動作で踵(かかと)を床に着けた状態で俗にいうヤンキー座りをしてもらってもできない方が多いです。これは、足首が硬いと思っている方が多いようですが、それも原因の一つではあいますが多くは膝の周りの筋肉(大腿四頭筋・ヒラメ筋・腓腹筋・脛骨筋など)が充分に伸びない事にあります。
もちろん体質的に筋肉が硬い方もいらっしゃいます。しかし日々ストレッチをすることにより身体は必ず柔らかくなり、トラブルの起こりにくくすることができます。
お風呂上りのストレッチは特に有効です。各部位のストレッチは1分程度かけてゆっくり息を吐きながら伸ばしましょう。
多くの方々は一か所5?10秒程度のようですが、これでは痛みを感じるだけで効果はほとんどありません。入念なストレッチはアンチエイジングにもつながります。エクササイズもいいんですが、私はまず入念なストレッチをギックリ腰や肩こり、寝違えなどの予防にお奨めいたします。

まずはご相談ください

料金表を見る アクセス 電話予約は078-200-3033まで

営業カレンダー

©2019 Chiropractic Studio Sannomiya.

TOP